新車と中古車のトラックとの違いは?

中古車のトラックを購入するときには、新車との違いを比較してからどちらにするのか選ぶと良いでしょう。導入コストに関しては中古が圧倒的に有利となり、新車のほうが高くついてしまいがちです。ランニングコストに関しては一概にどちらかとはいえるものではありませんが、最初の状態がよい新車に軍配が上がります。自由度という面に関しては思い通りのものを注文できる新車が有利ですが、予算を考えると中古のほうが選択肢は増えることもあります。納車されるまでの期間としては、中古のほうが圧倒的に早く新車は注文をしてから生産が行われるので完成までに時間がかかります。このように細かい部分で様々な違いがあるので、迷っているときにはそれぞれの長所と短所を理解しておくと決めやすくなります。

コストに関する部分の違いについて

中古車のトラックと新車は、コストに違いがまずあげられます。導入コストは圧倒的に中古のほうが安く済み、これが最大のメリットとなっています。ただし、ランニングコストに関しては新車のほうがやや有利となっていて、最初の状態がいいだけに乗り始めからしばらくは簡単なメンテナンスだけで済むので、整備にかかる費用は限定的です。しかし、中古は購入の時点ですでに劣化をしている部分がありますから、途中で大きな整備が必要となり整備費が高くついてしまうということもあります。これは車両の状態や使い方によっても変わってくるので、中古でも状態がよく大きな整備をしばらくしなくて済めばお金はかかりませんし、新車であっても使い方によって比較的早い周期で大きな整備をしなければならないこともあるので、どちらが高いかは状況次第となることがあるのを覚えておきましょう。

選択肢や納車されるまでの期間が違う

中古車のトラックと新車の違いとしては、選択肢の多さがあげられます。費用のことを無視するのであれば、新車は思ったようにカスタマイズをすることができるので、好みのものを購入することができます。それに対して中古は市場に出回っているものしか選択肢がないので、選択肢が限られてしまいます。ただし、予算を考えると新車では購入できないものの中古の価格であれば購入をすることができるということもあるので、この場合中古のほうが選択肢が多くなることもあります。納車に関しては中古のほうが有利で、手続きと整備が終わればすぐに納車をしてもらうことができます。新車の場合には受注生産となり時間がかかってしまうので、実際に納車をされるのは数カ月先ということが多く時間がかかってしまいます。